bondstrust(ボンズトラスト)

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスでサイト現状分析

SEO 2017/04/03

弊社へWEBサイト制作やWEBサイト改善のご依頼を頂きましたらまず始めにお願いしたいことがございます。
新規立ち上げでない場合でしたら、現状のサイト状況を確認させていただくために「Googleアナリティクス」と「Google Search Console」のアカウントを共有させてください。
まずは状況を把握させて頂くことが全てのスタートとなります。

WEBサイトの改善点をデータに基づき調査します

Googleアナリティクスには多くの貴重な情報が入っています。それらをうまく活用することでWEBサイトの長所や短所が見えてきます。
良いところは伸ばし、悪いところは改善していくことでWEBサイトは成長していきます。お客様の中には稀に「とりあえずホームページがあれば良いから更新は考えていないしホームページの計測も必要ない」と仰る方もいらっしゃいます。確かにWEBサイトがお客様の求めていることを満たしていればそれでも問題ないのかもしれません。しかし、本来であれば更に上を目指すことも可能な場合が多くあり、私どもとしてはもったいないと感じてしまいます。そのようなお客様の中には後々「やっぱりキャンペーン情報を載せたい」「もっとたくさんの人に知ってもらいたい」と連絡をいただくケースがあります。このような場合にアナリティクスの計測データが無いと数字に基づいたご提案ができなくなってしまいます。

お客様の業種やどのような方をターゲットにするかで施策方法は様々です。やはり判断できる数字を基にご提案させて頂きたいと考えておりますので弊社へご依頼いただける場合にはご協力をお願いいたします。

また、Googleアナリティクスのすべてのデータを見ようとしたら専門的な知識が必要となってきますので難しいイメージを持たれているお客様が多くいらっしゃいます。しかし、ご自身でも現在の状況については把握していると社内での調整や会議に役立つ場合があります。代表的な数字を見ることくらいでしたら難しくはありませんので定期的にアナリティクスの画面を開いてみることをお勧めいたします。
ご不明な点などございましたらお気軽に担当までご連絡いただければサポートさせて頂きます。