bondstrust(ボンズトラスト)

Google for Jobs

TREND 2017/06/28

Googleから求職者と雇用主の両方を支援することに重点を置いた取り組みとして「Google for Jobs」が発表されました。
これは求職者へ求人情報を優先して表示するという機能になります。

WEBサイトで求人情報を掲載する際にJob Postingの構造化データを使用して求人情報をマークアップすることで、「Google for Jobs」に掲載できるようになります。
まずはアメリカのGoogleでの導入から開始されたようです。

検索結果に求人求職者のプレビューが表示されます

この内容は、「 head of catering jobs in nyc 」や「 entry level jobs in DC 」など求職についてのキーワードを検索すると検索結果に求人求職者のプレビューが表示され、各求人リストに関する概要が表示されるようです。
面白いことにこの表示には口コミや評価なども表示されるとのことで申し込む前にその企業の評価を知ることができます。

また、登録しておくことで新たな求人情報が掲載された際にメールで通知を受けることも可能なようです。
「求人」以外に「レシピ」「イベント」などにも対応するこのエンリッチ検索が今後どのように発展していくか注目です。

なお現在、日本国内での実施は未定となっています。

参照:https://webmasters.googleblog.com/2017/06/connect-to-job-seekers-with-google.html