bondstrust(ボンズトラスト)

Yahooの検索キーワード「not provided」が急増

TREND 2016/12/17

Yahoo! JAPANからアナウンスが出ています。
『Yahoo! JAPANではお客様により安全にサービスをご利用いただくため、2016年4月から2017年3月にかけて、Yahoo! JAPANトップページやYahoo!ニュースを含むすべてのサービスにおいて常時SSL(AOSSL)に対応いたします。』

GoogleアナリティクスでWEBサイトへの訪問者がGoogleやYahooなどから、どういうキーワードでサイトにやって来たのかを調べることができます。その様な様々な情報を得るためにGoogleアナリティクスを使われている方は多いのではないでしょうか?
しかし、2016年12月15日ごろから、GoogleアナリティクスでのYahooの検索キーワードのほぼ全てが「not provided」(キーワード不明)となりサイトへの流入キーワードを取得できない状況になっています。

下の画面キャプチャーはあるサイトへのYahooからの自然流入を示したGoogleアナリティクスの画面です。
12/15からnot providedが急増し、16日にはほとんど全てがnot providedになっています。その他の多くのサイトでも同じような傾向が確認されており、おそらくほとんどのサイトで、GoogleアナリティクスでのYahoo検索ワードが取得できなくなっていると思われます。

今後のサイト改善施策方法に大きな変化が求められるようになるでしょう。

参照:http://docs.yahoo.co.jp/info/aossl/