bondstrust(ボンズトラスト)

WEB集客のポイント

SEO 2017/01/24

サイト改善や集客強化のためにSEO対策を考えられる方は多くいることでしょう。ひと昔前のSEO対策として外部リンクをとにかく多く貼る業者が多くいました。そういった業者に依頼してしまうとGoogle側との熾烈な攻防戦が待ち構えていたものです。ペーナルティーを受けてサイトへの流入が激減したといった事例をよく耳にしました。

外部リンクだけでのSEO対策は現在では通用しなくなっています。当社としては基本的にWEBサイト内部の強化を主軸として改善案をご提案させて頂いております。Googleが日々アルゴリズムを修正している状況下でもコンテンツを強化しWEBサイト自体のポテンシャルを高めることで圧倒的な集客を目指しています。

コンテンツを強化するとはどのようなことなのでしょうか?

コンテンツの強化といってもどのようなことを行うかイメージつかないという方がいらっしゃると思います。そのような時は実店舗だったらどのように接客するかという視点で考えてみるのも一つです。WEBサイトだからという固定概念を一旦忘れて頂いて、実店舗にお客様がご来店された際にどのように対応するとお客様が喜んでくれて商品を購入していただけるか。「欲しい商品を買いに来た」「気になる商品を見にきた」「近くに来たからちょっと寄ってみた」「どのような店か知らないけどなんとなく入ってみた」などご来店されたお客様の動機は様々です、そのようなそれぞれのお客様にどのように声をかけ、どのように商品の説明をしたら良いか。おそらく経験とノウハウで瞬時に判断しお客様の対応を行うと思います。

WEBサイトの場合でもインターネット回線の先にいるのはお客様自身です。

人を相手にしていることは変わりません。もちろん対面で接客するのとは違う独自のノウハウが必要なことも多くありますが基本的にはお客様を接客するという考え方でいいと思います。
それを踏まえた上でのコンテンツ強化を例えるなら「優秀な販売員」が接客を行うと売上が上がるということになります。
優秀なWEBサイトはお客様への気配りや商品を的確に説明し更に情報の付加価値まで提供したりします。
そうすることでお客様自身も納得した上で購入さえるわけです。この様にまずは人を相手にしているということを基本にどうすればいいのかを考えるようにすると良いでしょう。